アウトプットすると学習効率が高まり、自分の世界が広がり、さらに楽しくなると学んだのでそれについてアウトプットします。

インプット3に対し、アウトプットは7するとすごく成長するそうです。

なにをもって3と7なのかよくわかりませんが、とにかくインプットしたら思考を巡らせて2倍以上の何かをアウトプットしていく、と意識することが大事ですね。

問題意識を持つことが重要

問題意識を持つというのは、質の良いアウトプットをするために必要だと考えています。

問題意識が薄いと、深い気づきや学びにつながりません。

気づきや学びがないと、アウトプットできないと思います。

さらには、アウトプットをし続けることなんてできないですね。

私の場合、あまりにもアウトプットしていないことと、自分の能力を少しでも向上させたいという気持ちがあります。この2つが私の問題意識です。

とりあえず、ペンと付箋、スマホはいつでも手の届くところにおいていて、なにかひらめいたらメモするようにしています。

問題意識の差は、自分が考える以上にアウトプットの質になっていそうです。

もっと質の高いアウトプットをしたい!と思いながら書いています。

何をアウトプットするか?

私は自分や他の人の成長につながるようなアウトプットをしていきたいです。

人の迷惑になるようなことや、人を責めたりするアウトプットはしないよう心がけています。

他の人との違いを認めると人間関係のトラブルはかなり少なくなるそうです。

アウトプットにはどのような手段があるか?

  • 気づいたことをメモに書く(紙、パソコン、スマホのメモに書く)
  • 誰かに喋る
  • 質問を作って調べる、答える
  • 考えをまとめる
  • SNS、ブログなどに投稿する

他にも、人に教えるとかいろいろあると思いますが、私にはこの5つが身近に実践できるアウトプットかなと思いましたので、これらについて書いていきます。

気づいたことをメモに書く(紙、パソコン、スマホのメモに書く)

問題意識があると、勝手に意識がなにか重要ことを見つけてくれるので、それを忘れないようにメモすることが大切だと感じます。

なぜなら、すぐにアイディアやヒラメキは忘れてしまうからです。

メモを残しておくと、忘れることはないですし、そこから深く考えをめぐらせることが可能になります。

誰かに喋る

誰かに話すことは、自分の思考を加速させることが出来ると感じています。

ですので、感じたことを誰かに話せる場合、話しをしてみましょう。

聞いてくれる人の立場になって、感謝しながらアウトプットすると良いと思います。

ただ、批判的な人に対してはこの方法はおすすめしません。

質問を作って調べる、答える

自分が気づいたことに対して、さらに疑問はないかと考えて、質問を作り自分で答えることで、考えを深めることができます。

  • なぜ?
  • どのように?
  • もっと良くするには?
  • 結局どうなればいいのか?
  • 相手がいる場合、どう話せば相手により良く伝わるか?

など考えを常に巡らせることはより良いアウトプットに繋がります。

考えをまとめる

思いついたことをどんどんメモして、自分で質疑応答して深い気づきにいたったら、その要点を整理することも大事だと思います。

SNS、ブログなどに投稿する

なにか行動したこと、思いついたことなど、自分の考えや気持ちをSNSやブログなどに投稿することで、自分が投稿した内容が他の人の目に触れることになり、コミュニケーションが始まる可能性があります。

他の誰かに応援していただけると励みにもなりますし、誤解を生まないように文章力のトレーニングにもなります。

少しずつでも、SNSやブログなどでアウトプットできるとアウトプット力が高まると思います。

まとめ

アウトプットは苦手という人は多いと思います。私もその一人です。

アウトプットすることで、自分の能力が高まり成長を感じることができるというのはとても楽しいなと感じます。

最初から完璧なアウトプットができる人はいませんので、恥ずかしい気持ちも感じますし、失敗もあるでしょう。

人の気分を害することもあるかもしれません。

他の人との違いを認めて、自分だけの価値観や正義感でアウトプットしていないかをいつもチェックするべきですね。

なかなか難しいですが、楽しんで続けていくと魅力的な人になれると思っています。

アウトプットできることに感謝しながら、少しずつ確実に成長していきます。