自分のためにも、頭の中をスッキリさせるためにやるべきことを書いていきます。

頭に浮かんだことを紙やパソコンのメモに書いていこう

考えがなんとなくすっきりしないときは、紙かパソコンのメモに気になること、思いついたことをどんどんメモしていこう。

頭の中のもやもやしたものを書いていくことで、思考を整理できます。

思いつかなくなるまで書き出してみると、かなりスッキリするはず。

最初は、整理して書こうとするべきではありません。
思いつかないときは自分に質問しましょう。

  • 何をモヤモヤしているんだろう?
  • 不安な気持ちだなぁ。
  • なにが不安なんだろう?
  • やることが多すぎて行動できていない
  • 優先順位が間違っている
  • やらなければならないことは何?
  • 他に不安なことは?
  • 親に対して感謝できていないなぁ。
  • どうすれば喜んでもらえるか?

などなど
思いついたことをただただリストアップしていく。

ひとしきり書いたら、見直す。
質問で答えが浮かんだら書き足していこう。

モヤモヤがスッキリするまで繰り返し書いていこう。

いままでやってきたことをただ認めよう

もっとこうしていればよかった。
なぜもっと気配りができなかったのだろう?
と自分を責めても、過去は変えられません。

自分を責めるのはやめましょう。

それをまずはありのままに認めて、気分転換してから、

今できることに集中するべきです。

解決策、行動プランを考えて日々の行動に移していこう

解決策というのは
簡単にできることもあるでしょう。

逆にこうすればいい、とわかっているのに実行することが、めっちゃ難しいこともあるかもしれない。

そんなときは、「どうすればできるか?」

ということを自分に質問しよう。

この質問の答えを必ずメモするようにして、納得するまでアイディアを追加していこう。

「目標を小さくする」ということも重要な考え方なので、「これならできそうだ!」という確信に近い気持ちをもてるプランを立てるようにしよう。

「これならできそうだ」「今すぐできる」「すぐできた」というのであれば素晴らしい行動プランだと思います。

すぐに行動できたことを、継続していきましょう。大きな変化につながるはずです。

成果を振り返り、プランを修正していくことも大事です。

毎日、筋トレしよう

経験上、筋トレをすることで、気分が晴れやかになってリフレッシュできます。

気分が滅入るのを防ぐので、心身の健康のためにも取り入れたほうがいいです。

腕立てふせ、腹筋、スクワット、ブリッジ、逆立ち、懸垂など。

エアロバイクも30分以上やるといい感じです。
できれば1時間の有酸素運動を週2回やると心身の健康にものすごくいいそうです。

どれか一つでいいので、毎日続けると健康にもよいです。

睡眠をしっかりとろう

睡眠はできれば7時間以上とれるようにしよう。

不安なときほど眠れるように賢く自分をコントロールしていこう。

起きる時間は7時なら7時と決めよう。
仮に睡眠時間が足りなかった場合、夕方に仮眠をとろう。

朝のうちは集中力を高めてやれることをやってしまおう。

夜に仕事をすると能率がかなり悪いことを自覚しよう。

食事は脂質を控えよう

タンパク質をしっかり取る食事を意識しよう。
サバ缶、鳥の胸肉、ブロッコリー、オートミールは素晴らしい食材。

大好きなラーメンは週一回、休日のランチのみにしよう。

夜は炭水化物を食べないようにしよう。

決意や目標、行動記録、感謝、今日の楽しかったことなどを日々アウトプットしよう

アウトプットというのはかなり大きな範囲になりますが、ここではSNSやブログなどで決意や感謝などをつぶやくと良いかもしれません。

「決意、目標」
「行動記録」
「感謝」
「今日の楽しかったこと」

などを日々アウトプット(人に伝えていくこと)で自分自身を高めることができますし、周りの人から応援をしてもらえるかもしれません。

特に感謝の気持ちは、直接伝えたほうがいいです。

妻や子供、両親、ご縁のある人に対し感謝の気持ちを「伝える」というのは、照れくさくてなかなか難しいときがありますね。

でも、ものすごく自分にも元気をもらえます。

できるだけ、穏やかな気持で「ありがとう」という気持ちをいつも持って、伝えるようにしたいものです。

まとめ

頭の中のモヤモヤをスッキリさせて充実感を得たい時にやるべき7つのステップでした。

週一回や月一回など日をきめてやったほうがいいですね。