筋トレやってるというと、「何めざしてんの?」ってよく聞かれます。

その質問にお答えします。

心と身体を健康な状態にしたい

何をやっても楽しくない、ツライ、悲しい状態から抜け出せず本当に厳しい時に救ってくれたのは筋トレでした。

筋トレをすると、すぐに筋肉がパンプアップします。鏡を見なくても充実感は感じるのですが、筋肉が膨れ上がって、自分の体が反応していることを強く感じることができるんです。

何をやっても結果が出なかった自分にとっては、このすぐに現れる変化はとても嬉しかったんです。

きっと今充実している人には感じられない感覚かもしれません。

「自分の体が少しずつでも力強くなる」ということは、何をやっても結果がでなくて心が消耗している自分にとっては、ものすごい充実感と自信をくれました。

数ヶ月も筋トレをすると、少しずつ限界だった回数や重さを超えることができてきますので、このことも「やればできるんだ!」という強烈な自信となります。

パンプアップした姿は、3ヶ月後の姿。ということをどこかの記事で読んでから、さらに筋トレの楽しみが増えてモチベーションがあがったのです。

筋トレに夢中になって続けていくと自信がつき、心も体も健康になるというのは本当です。

体をかっこよくしたい

筋肉がついて来ると、自分の体が好きになります。

他の人に比べてかっこ悪いかもしれないけど、自分なりにかっこよくなっていく。

胸、肩辺り、腕、太ももに筋肉がついてきたら、たくましさを感じます。

自分の体をもっとたくましくしたいという気持ちが生まれてくるので、自分なりにカッコいい体を自分でコツコツ作っていけるのが楽しいのです。

若々しく年齢を重ねたい

30代を超えてくると、お腹がぽっこりしてきます。

若い頃は65kgだった体重も80kgほどになり、体も重く走れなくなってきます。

ぽっこりお腹で姿勢も悪く、精神的にも疲弊している自分のことをやっぱ改善したいと思いました。

筋トレをして逆三角形の引き締まったからだの40代、50代、60代を目指しています。

他人に褒められたい

体をコツコツ鍛えていると、

「なんか最近ゴツくなってない?」

とか、

「なんか体鍛えてる?」

とか

「腕ふっといなぁ」

とか聞かれます。

こういう事言われるとかなり嬉しいです。

言ってくれた人は褒めたわけじゃないかもしれませんが、私にとっては褒め言葉です。

あえて目立つようなことはしませんが、言われると嬉しいので他人に褒められることを目指しています。